木枯らしの季節ーかぜ | 医療法人社団 こうち医院

木枯らしの季節ーかぜ

とあるベストセラーの市販薬3袋分3について

添付文書などを突き合わせて勉強しました、副作用もごく一部しか載せておらず、薬学の専門家の監修のもとではありませんので、お許しのほどを。店頭で薬剤師さんも同じように説明する内容に過ぎません。

金額は一日600円程度?、ネット安売り可能2類。

今は2種扱いのイブプロフェン処方薬3/4当量で中等度痛み止め 胃腸障害など消炎鎮痛剤一連の副作用あり、

ブロムヘキシン塩酸塩は処方当量の去痰剤 副作用少ないが効果もそこそこ、

ジヒドロコデインリン酸塩は処方薬一錠3倍弱当量で強力咳止め 便秘と依存性と呼吸抑制は知られている、

noscapineは処方薬当量眠くなる昔からある中枢性咳止め若干作用弱め副作用少なめ、

dl-メチルエフェドリン塩酸塩は許容量の80%中等度強力と思われる昇圧気管支拡張剤強め様々副作用あり、

リゾチームは医薬品1/3当量の消炎剤、マレイン酸カルビノキサミン医薬品収載のない眠くなるかもしれない抗ヒスタミン剤2.5mgをどう考えるか不明、無水カフェイン25mg3袋では眠気覚まし程度で過量投与なければ副作用ないでしょう 眠気防止と効果持続、あとは医薬品より少ないビタミンB系

感冒気管支炎肺炎を扱う医師なら、これら上記をどう考えるか。確かに名処方です、解熱ほどほど鎮咳強力、抗ヒスタミンをかがして鼻水止め、あとは眠気防止のカフェイン少量添加。上記は顆粒ですが、錠剤に至っては層構造が企業秘密で徐々にとけて痛みの次に咳などと立体的効果を実現するものもあります。薬価も処方薬単価を足し算して類推ですが、処方薬の9層倍などというにはあたらない妥当なものでした。基本的に壮年期までの、喀痰喀出可能な方限定で使用すべきと思われます。緑内障や前立腺肥大の男性は上記内服には男気が必要です。高齢者注意と書いてますが何歳からでしょうか?女性は小柄であれば眠くなるでしょう。授乳中は禁じて、妊娠時は医師か薬剤師に相談してくださいと添付文書に。僕でしたら妊娠中の方での発熱はちゃんと血液検査して細菌感染と炎症程度をみて、一番強い症状を考慮して処方、必要ならば胎児にやさしい抗菌剤をどうするか考えるのがベターとお答えします。また車の運転ははっきり言って危険です。僕はドライバーの方には眠くならない処方を考えます。高熱持続マイコプラズマ肺炎の壮年の方は3日間はしのげるでしょうが、その後入院となる可能性も否定できません。極度の鎮咳は禁物です。ネット販売可能にしたのはお年寄りはネットをしないと思ったからではないでしょう。歩けないお年寄りで、もし注文されたら気を付けてください。明日は処方箋による配合剤を考えてみます。○○顆粒。